自分に合うサイズが選べるベッド専門店での買い物

ベッド専門店に向かう目的は、人それぞれです。今まで使っていたベッドを買い替えたい、布団からベッドに切り替えたいなど、購入の目的はそれぞれ違います。ただ共通して言えるのが、漠然とした意識で買い物をしては後悔してしまうかもしれないという事です。大型家具である寝具のベッドは、一度手続きをしてしまうと返品にも時間と労力を費やします。そうならない為に、あらかじめサイズを確認してから購入しましょう。どの家具にも共通しますが、まずベッドを置けるスペースを図ってメモします。ベッド選びで失敗する最大の原因が、体を横たえる身長分のスペースしか考慮せずに購入してしまう事です。枕や照明器具など、ベッドの上や近辺に設置する物のスペースと、頭の上と足の下にあらかじめ余裕を持ったくつろげる寝具を選びましょう。

売られているベッドの種類と名称

ベッド専門店で売られている物は、サイズごとに名称が違います。最もポピュラーなのが、一人用のシングルです。シングルよりも余裕をもった寝台を希望するならば、長さは一緒ですが横幅が20cm長いセミダブルがあります。二人以上の複数人数で眠る用途には、ダブルベッド以上のサイズがお勧めです。ダブルは幅140cmと、シングルよりも余裕のある横幅が特徴のベッドです。それ以上となれば、クイーンやキングサイズのベッドになります。クイーンは幅が160から180cm位の大きさとなり、一番大きいと言われるキングサイズは、シングルと比べて横幅が約二倍である180から200cmにまで至ります。その他にも、商品を産出するメーカーによってオリジナルの名称がありますので、気になった場合は係員や質問フォームで購入前に確認しておきましょう。

ベッド専門店で実際に選ぶ時に注意すべきポイント

ベッド専門店で購入する際に注意すべき最優先事項は、ベッドのサイズです。ベッドの形態によっては寝るスペース以外にも空間を確保する必要があります。その最たるものがヘッドボードです。照明機能やラジオなどの機能が内蔵されていることや、時計などのインテリアを置ける機能を持ったベッドもあります。他に注意すべき点は、設置する場所の補強です。サイズによっては重量も違いますが、重量による圧力がかかる場所も違ってきます。ベッドを支柱で維持するタイプならば、六つ足ならば六つの場所に集中的に重力と摩擦が集中します。それを考慮し、床部分には緩和剤や敷板をするなどのケアが必要とされます。特殊なサイズや形態のベッドであれば、天井のスペースも確保する事が必須となります。二人を収容できる二段ベッドや、下に箪笥や机を置くスペースを確保するためのロフトタイプなどを選択するならば、部屋に入るかどうかを最初に確認すべきです。