さまざまなサイズが置かれているベッド専門店

一人暮らしや結婚などで新居へ引っ越しするタイミングは、家具を新調したり買い替えを行う良いチャンスです。家具を購入するお店は様々ありますが、具体的に購入したいものが決まっている場合には品揃えが豊富な専門店がおすすめです。特にベッドは、体格や好み、使う人数などによって選ぶサイズが変わってきますので、さまざまなサイズが置かれているベッド専門店が便利です。一般的な家具店ではシングル、セミダブル、ダブルの取り扱いが多く、他のサイズが選べないことが有ります。また、サイズの取り扱いが有っても店内に展示されておらず実際のイメージが湧かないといったことも起こりがちです。ベッド専門店では、他にもセミシングル、クイーン、キング、トールサイズといったさまざまなサイズが取り揃えられています。実際に目で見てサイズ感を確認することができるので、届いてみてイメージと違うといった事も避けられます。

ベッド専門店で取り扱いのあるサイズについて

ベッド専門店で取り扱いのあるさまざまなサイズについて説明していきます。まず、SSサイズとも呼ばれるセミシングルは、幅が80から90cmで小柄な人や子供に向いているサイズです。シングルは大人が一人で寝る基本のサイズとなり幅は約100㎝です。セミダブルは幅が120㎝と広めで、大人一人がゆったりと使え、赤ちゃんの添い寝にも丁度良いサイズです。ダブルは幅が140㎝の大人二人用のサイズです。クイーンの幅は160~180㎝あり、大人二人でゆったり寝たい場合に丁度良いサイズです。シングルを2台並べたキングサイズは幅180㎝から200㎝もあり、大人2人が悠々と寝られるサイズで、小さな子供を含む家族全員でも使えます。ベッドの長さは共通で大体195㎝です。身長が高い人向けのトールサイズはこれより更に10㎝位長くなります。最近では連結できるベッドもあり、組み合わせによって好きなサイズを作る事もできます。

ベッド専門店でサイズを選ぶ際に大切なこと

ベッドのサイズを選ぶ際に大切なのは、自分にぴったりのサイズを選ぶことと寝室の広さやスペースに合わせることです。まずサイズの確かめ方ですが、一人で寝る場合ベッドの中心に寝た時に左右20から30㎝弱のゆとりがあると寝返りもらくに行うことができリラックスした体勢で寝られます。二人で寝る場合の距離は、手が触れないくらい離れて寝た状態で二人の間に20cm弱のスペースを保てる程度であればお互いに窮屈せずに快適に眠れます。ベッドサイズは大きめが理想ですが、寝室の広さやスペースとの兼ね合いも勘案しましょう。部屋に対してベッドが大きすぎる場合、家具との距離が保てずに開閉に支障が出たり、歩くスペースが取れないといったこともありますので、最低でも片側と足元にそれぞれ50から60㎝のスペースを確保しましょう。ベッド専門店ではいろいろなサイズのベッドが置いてありますのでよく確かめて快適なサイズを見つけましょう。